のぼりの効果を高める要素

HOME


銀行は少しでも預金を集めるために、様々なキャンペーンなどをしてのぼり旗でアピールをするものですが、
その中でも特に重要なものが口座開設キャンペーンです。

のぼり旗を注文する際の価格

すでに口座を開設している人から、更に預金をしてもらうというのは難しいものですが、
新しく口座を解説するという人はお金を預ける気持ちがあるわけですから、
預金をしてもらうためには非常にありがたいお客さんと言えます。

そのため、口座開設キャンペーンを行う銀行もありますが、このような
キャンペーンというのは上手にアピールをしなければ全く意味がありません。

のぼりでイベントに勝つ!

そこで、簡単にわかりやすくアピールをするためにはのぼりを使うのが一番で、
目に留まりやすいのぼりというのは非常に高い宣伝効果を持っているのです。

のぼりというのは普段はあまり意識しなくっても、口座を開設しようと
潜在的に考えている人には非常に目につきやすく、そのような時に
のぼりを目にするとそれによって、口座を開設してくれるチャンスが増えるのです。

 

10代がゆうちょ銀行の口座開設をするタイミング

そして新しく口座を開設してくれる可能性が高いのは10代の人で、その中でも特に高校を卒業するタイミングが多いです。
高校生まではまだ自分でお金を稼ぐ人も少なく、手元にある分も預ける程の額ではありません。

それが大学生や専門学校生になると、お金を稼ぐ機会と使用する場面が大幅に増えます。
また就職をするのであれば、給与の振込先として必須になります。高校に在学している間でも、アルバイトをするのであれば就職と同じように口座が必要です。

そのため中学校を卒業すると顧客が大幅に増えるチャンスと捉えられるでしょう。
そして一度開設した口座は、そのまま使い続けられる場合が非常に多いです。

つまりより大勢の人に口座を作ってもらうためには、始めが肝心というわけです。
ただ口座開設をするのであれば、他にもメガバンクや地方銀行などが候補にも挙げられるはずです。

その中でなぜゆうちょ銀行が選ばれるのかというと、信頼性が高いからです。
少し前までは国営企業だったこともあり、ネームバリューが大きいからです。

そして赤白のポストや建物はどこでも目にするもので、郵便や保険など様々なサービスも含めて身近にあるため、親近感が強いということも理由として考えられます。
もちろん全ての人が高校卒業時に口座を開設しているわけではなく、親があらかじめ作っておくという場合もあります。その際にも親世代の人が国営だった頃の郵政を知っていることが有利に働きます。

 

のぼり旗で効果的にアピールするならイメージカラーにこだわりましょう

ようやくお店を出すことができたけれども、あまりお金に余裕がないので広告費を出すことができないと悩んでいる人も多いことでしょう。

このような悩みを持つ人にとって、リーズナブルな値段で宣伝できるアイテムがのぼりと言えます。
主に店頭に置かれる旗のような形をしたものですが、視認性が高いことから多くの店舗で導入されています。

ファミレスなどの横を通った時にもわかるかもしれませんが、その時期のおすすめの料理などが、のぼりで紹介されていることでしょう。
のぼりで効果的にアピールするのであれば、イメージカラーにこだわる必要があります。

目立つ色を使うのもよいかもしれませんが、周りの人たちにお店に入ってみたいと思わせるような複数の色を使い、集客効果をアップさせる必要があるのです。
目立つ色とは純色と呼ばれるものですが、白や黒が一切混ざらない赤や黄などがこれにあたります。

これらの特徴は主張が強いことから、純色同士を組み合わせるとぱっと目を引くことになるでしょう。
また赤や黄などは、青や緑などと比べた場合には、人間の注意をひきつける効果も期待できます。しかしいくら目立つからと言って、自分のお店のイメージに合っていないような色を使えば統一性がなくなり、集客効果が狙えるどころかむしろ減ってしまうことでしょう。

のぼりは設置すればよいというわけではなく、用途に合わせて色を使い分けることが重要です。これは集客効果がある色ともいえます。
また人間の特徴として、何かを選ぶ際に無意識に色に誘導されているといえるでしょう。

信号を例に挙げると分かりやすいかもしれませんが、信号は赤と黄色、青で構成されています。
これは人間の色に対するイメージをうまく利用しているものであり、色には視認性があることから、直接的に、また心理的に人間の心に影響を及ぼすことになります。

もしもパステル系の色が似合うような雰囲気を持つお店に、赤や黄色などの元気なイメージのあるのぼりを立てた場合には、周りの人たちは違和感を覚えることでしょう。
このような場合には、店舗の雰囲気に合う柔らかい色ののぼりを立てることが正解なのです。

のぼり本来の目的は集客であり、周りの人たちに行きたいと思わせるような色やデザインでなければ客足を伸ばすことはできません。
どんなに目を引くような色遣いであっても、雰囲気に合わない色を使えば集客力には欠けてしまいます。
このお店に行ってみたい、寄ってみたいと思わせる色を考えることが重要です。

 

Copyright© NOBORI All Rights Reserved.