のぼりの効果を高める要素

広大な果樹園はオリジナルののぼり旗で誘導効果を上げる


お店などでは、のぼり旗を店頭や敷地内に掲げ、
それをはためかせることでお客さんの
注意を惹きつけることが可能です。
のぼり生地の特徴

つまり店舗ではのぼり旗が掲げられていることで、
営業中であることが理解でき、安心して
店内に入ることができる効果を持ちます。

またデザインがオリジナルであればあるほど、お客さんの感覚に
印象付けることが可能でリピートにも貢献できます。

オリジナルに富んだデザインであれば、それだけお客さんの
潜在的な意識にまで訴えかけることにも繋がりますので、
覚えてもらえるカギになります。

 

ただオリジナルなのぼり旗を使うシーンは店舗だけではなく、
果樹園と言った農産物を生産する農園などでも
活用することができます。

例えば、イチゴや梨、ミカン、リンゴといった
果物の食べ放題などを実現できる農園などで、
誘導してお客さんが訪問しやすい様にするため
活用することが可能です。

農産物を栽培している農園は面積が広いことがあり、
入り口などが判明しないこともあります。

それを途中の通りにのぼり旗を立てて掲げ続けることで
入口まで誘導することもでき、特に広い農園では大変、
有効な手段です。

 

なおデザインでは、リンゴ狩りならリンゴの果物、
イチゴ狩りならイチゴの果物、梨なら梨の果物という様に、
農園が扱っている果物のデザインで絵を描けば、
それだけでオリジナルののぼり旗を製作でき、
イメージが湧きやすくなります。

特に自動車などで来られての広大な果樹園の
入口への誘導には、風ではためいている
オリジナルののぼり旗が通りでの目印としても
有効となり、わざわざ人を雇って案内させる
必要もなくなります。

素材は安さだけに目を向けない

のぼり旗を制作する上では、コストをかけられない場合も多く
予算の範囲内での制作を希望される場合もあります。

まとめ買いがお得なのぼり

特に一時的な利用やある期間内だけのキャンペーン・イベント時だけの
ワンポイントでの利用の場合には、半永久的に使用するわけではないため
素材に拘るよりは安いタイプの物を選択されることも多いです。

ただ、屋外や屋内といった使われる場所、印刷の鮮明度の具合などを
検討することも重要で、数時間で使い物にならなくなってしまった
というのを防ぐ必要もあります。

もし仮に制作したのぼり旗を何度も繰り返し使うことを検討する場合の
注意点には、安さだけに囚われてはならず、ある程度の期間の利用に
耐えるべき素材でのぼり旗を製作した方が良いです。

 

一番避けたいのは、何度も作り直しをすることで、それの方が
意外とトータル的にコストがかかってしまう恐れもあります。

一般的な素材としてはテトロンポンジが多く用いられ、他にも
厚手のテトロンツイルやテトロントロピカルも見られます。

テトロンポンジの場合だとコストがかからない生地となることは確かですが、
その分の厚みが存在しないため、意外と破れやすかったりする特徴があります。

そのため、テトロンツイルやテトロントロピカルの方が厚手になるため
その分耐久性にも優れ、毎日使用したり長期間使用したりする場合には
それを選択すると良いです。

他にも高級感を持たせる上では、のぼり旗にスウェードを採用したりすることもあり
制作を行う上では安さばかりに目を向けずに、生地の違いを
把握しておくことも大切となります。

Copyright© NOBORI All Rights Reserved.